スプリンターの登場

紅葉国。豊かな自然環境を持つこの国には3種類の人種がいる。
小柄で素早い南国人、海底都市等の都市化に対応してきた高位南国人。
そして大地の恵みの恩寵を受けて身体能力が大幅に上がった大地の民である。

紅葉国の治安を維持している存在として紅葉国ゲリラ部隊がある。
ゲリラなのに治安維持?とは良く聞かれるが真っ当な正規兵であり兵科にもなっている。
元々は高位南国人のみが着用できるアイドレスであったが、大地の民は身体能力の向上からかどうかは不明だが
割合楽に着用できるようであり、その分紅葉ゲリラ部隊も数が増強されつつある。
着用制限が少なく、名パイロットでもあり乗り物にも強いため
国の軍隊でひと通りの訓練を受けた後は、このアイドレスを着ているものが多いようだ。

さて、最近の教練で素晴らしく足の速い者が散見するようになってきている。
様々な測定を行い、南国人の時からあったバネに大地の民の体格の好さと筋力が影響しているようだと判明した。
これは面白い。名パイロットに充てていた訓練時間を歩兵訓練にまわせば足の速い歩兵がうまれそうだ。
早速、上層部に意見を上げてみようと思う。

―――紅葉国軍指導教官の手記

追記:
「名前はスプリンター部隊で」 笑顔のルウシィ藩王の鶴の一声で決定したそうである。
ゲリラが正式に兵科になった時も藩王の一声で決定したらしい。
スプリンター部隊。teraリンピックというものがあれば活躍出来そうな名前である。
…ふむ、年に1度ぐらい全兵で運動会とかも面白そうだ。
何はともあれ、彼ら、スプリンター部隊がどうなるか楽しみである。

inserted by FC2 system